鳩山首相と関係閣僚、夜に協議=普天間移設、政府案で詰め(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は23日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、平野博文官房長官、北沢俊美防衛相、岡田克也外相、前原誠司沖縄担当相の関係4閣僚と首相官邸で会談し、政府案決定に向け詰めの協議を行う。政府は既に県内移設の方向で最終調整しており、協議結果を踏まえ、米政府や沖縄県側との交渉に入る方針だ。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

使用済みトンネルをワインセラーに有効利用 神戸みのりの公社(産経新聞)
普天間 民主・喜納氏「県内なら総辞職を」 首相なお県外に意欲(産経新聞)
生方副幹事長は続投、小沢氏の要請受け(読売新聞)
信号無視の車追跡、パトカーが衝突事故…3人けが(読売新聞)
<センバツ>第1日(21日)の見どころ(毎日新聞)
[PR]
by 59mvyndwcg | 2010-03-27 17:49


<< 阿久根市長、同じ職員を2年連続... 愛子さま登校、皇太子ご夫妻「心... >>