資格変更200件申請か 老舗旅館社長ら書類送検(産経新聞)

 富山県黒部市宇奈月温泉の老舗旅館「延楽」が、仲居としての就労資格がないと知りながら中国人を働かせていた事件で、中国人の在留資格変更を申請した東京都墨田区の男性行政書士(70)が、警視庁組織犯罪対策1課の事情聴取に「ブローカーに頼まれて、これまでに約200件の申請を行った」と話していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。同課は同日、入管難民法違反(不法就労助長)などの疑いで、延楽の男性社長(59)と行政書士を書類送検した。

 捜査関係者によると、行政書士は中国人ブローカーの男(33)=同法違反罪で起訴=から依頼を受け、「平成20年4〜12月ごろにかけ、約200件の中国人の在留資格変更を申請した。報酬は1件あたり約1万円だった」と供述。延楽はブローカーの仲間が経営する人材派遣会社を通じて、中国人を受け入れていた。同課はブローカーらが大規模な不法就労にかかわっていたとみて調べている。

阿久根市長出廷「免職の元係長、復職は悪影響」(読売新聞)
「全面禁煙化」に抵抗する 和歌山県タクシー協会の言い分(J-CASTニュース)
機長と巡視員の「協力不足」指摘=巡視ヘリの送電線接触−運輸安全委(時事通信)
名護市移設、地元情勢は困難=「普天間」で米次官補と会談−北沢防衛相(時事通信)
ロシア警備隊ヘリが銃撃=国後島沖の漁船2隻に−照明弾も、安全海域で操業中・1管(時事通信)
[PR]
by 59mvyndwcg | 2010-02-02 08:39


<< <掘り出しニュース>中原中也は... <携帯充電器商法>販売会社元幹... >>